香港

羽田空港深夜便のLCC香港エクスプレス搭乗体験記

先日羽田空港から香港まで格安航空のLCCである香港エクスプレス(HK Express)を使用して香港ディズニーランドへ行ってきましたのでその時の搭乗機を書きたいと思います。羽田空港で国際線が利用出来る様になって本当に便利になったと思います。

利用した便

s-P1000830

UO623便
羽田空港1時20分出発 香港国際空港 4時55分到着

UO622便
香港国際空港 19時10分出発 羽田空港 0時25分到着

羽田空港を深夜に出発する香港エクスプレスを利用すると早朝に香港に着きます。そうすると初日の開園から香港ディズニーランドを満喫する事が出来ます。また、帰国する日も19時10分出発という事もあってギリギリお昼のパレード「フライト オブ ファンタジー」を見て帰れるなどディズニーをフルに満喫する事が出来ます。

ANAなどの大手を利用するよりも飛行機代が安いので、2人で旅行した場合ANAの飛行機代と香港エクスプレスの飛行機代+ホテル宿泊が同じ位の料金になりました。もちろん格安のツアーやキャンペーンなどを上手く利用するとANAを利用しても安くいける方法はあると思います。香港エクスプレスもセールを頻繁に行っているのでそのチャンスを狙うともっとお得にいけると思います。

乗り心地

飛行機は3列×3列のシートになっています。他のブログでもよく書かれていますがLCCとは思えない普通のシートの飛行機もありますが、これぞLCCと思う膝が前の席に当たる狭いシートの飛行機が混在しており快適か辛い旅なのかは運次第です。新しく作られた飛行機は狭いLCC仕様なので便数が増えて機体が増える毎に狭い機体に出会う確立が上がっていくのではないでしょうか。

機内食やドリンクは有料で提供してくれますが、お高い部分もありますので空港で食べておくと良いです。

接客対応

LCCだから接客が酷いのではと思う方もいると思いますが、羽田空港での搭乗手続きは日本語が出来る係員が対応してくれるので特に違いはありません。香港では日本語は全く通じませんでしたが、以前利用した際にリクライニング出来ない席を予約していたらしく、リクライニング出来る席に変更をしてくれました。なかなか言葉が伝わらなくて何をコミュニケーションが取り辛かったですが係員が持っているスマホの翻訳を使うなど伝える工夫をしてくれて非常に親切でした。

利用の注意

LCCである香港エクスプレスは持ち込み手荷物は7kgまでとなっています。また手荷物を預けると重さに応じて料金がかかります。次に座席の事前指定も別料金になります。

香港エクスプレス自体には何の不満もなく今後もリピートするつもりでおりますが、深夜便なのに大声で話されたり、機内で持ち込んだ様々な物を食べ始めたり、狭い座席でリクライニングをMAXで倒したりと遠慮のない団体さんと同じ便になり、音や匂いなど様々な事で辛い思いをする確立が高いのが欠点です。そういった方々は大量の荷物を持ち込む為に手荷物を置く場所も早々になくなってしまいます。少しでも快適に過ごす為にマスクと耳栓を用意する事や早めに並んで手荷物収納の場所を確保する様にする事をお勧めします。

せっかくの海外旅行だしストレスなしで思いっきり楽しみたいという方は断然ANAやJALをお勧めします。弾丸旅行や格安旅行で多少のトラブルやイライラする事も含めてが旅だから気にしないという方にはお勧めの航空会社です。

 

その後利用した時に変化を感じましたので記事を書いています

久しぶりに乗った香港エクスプレスで変化を感じた部分

スポンサーリンク

関連記事

  1. 香港国際空港直結のホテルでアフタヌーンティーが美味しかった
  2. 香港観光するならオクトパスカード(日本で言うSuica)の購入が…
  3. 香港国際空港からの移動に2階建てバスが楽しかったです
  4. 久しぶりに乗った香港エクスプレスで変化を感じた部分
  5. 香港の地下鉄尖沙咀・尖東駅直結で便利なカオルーンホテル宿泊体験レ…
  6. 香港でミシュラン1つ星「阿一海景飯店」美味しくて更に景色も最高で…
  7. 香港でノープランの時に助かるJCBプラザラウンジ体験レポ
  8. 香港国際空港直結で便利なリーガル エアポートホテル宿泊体験レポ

PAGE TOP