アメリカ

ロサンゼルス空港からの移動にスーパーシャトル(Super Shuttle)を利用した時の体験記

先日アメリカのカルフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドリゾートに行った際に乗り合いタクシーであるスーパーシャトル(Super Shuttle)を利用しましたので体験をレポしておきます。

ロサンゼルス空港とアナハイムディズニーの間はDisneyland Resort Expressという公式のシャトルバスが出ています。しかし欠点としてバスの本数があまり多くない所があります。また、インターネットから予約出来ないなど英語が苦手な人には心理的なハードルもあります。

今回は特にANA羽田発の深夜便を利用しましたので行きは17時にロサンゼルス空港到着なのですがDisneyland Resort Express出発は18時、その次は20時となります。入国審査で1時間近くはかかると思われるので20時のバスとなると待ち時間が長くなってしまいます。また、帰りの飛行機も深夜便なので0時5分発の飛行機なのですが、アナハイムからロサンゼルス空港行きの最終はディズニーランドホテル18時と結構早い時間に終わってしまいます。せっかく深夜便で長く滞在出来るのですから18時のバスで帰るのは勿体ないと思い、Disneyland Resort Express以外の行き方を選択する事にしました。

以前アナハイムへの行きかたを調べた際に気になっていたのが日本のMKタクシーと乗り合いタクシー

アナハイムディズニーへの行き方まとめ

色々迷いましたがMKタクシーは凄く安心感があって惹かれていたのですが値段が高くて断念。色々迷ったあげく時間の自由が効いて値段も安い乗り合いタクシーにする事にして、その中でもスーパーシャトルを選択しました。乗り合いタクシーはプライムタイムシャトルもありましたが、青色の方が好きという単純な理由でスーパーシャトルにしました。

スーパーシャトルの予約はホームページから行う事が出来て、利用する日時と利用する航空会社と行きたい先のホテルを選択するだけです。

ロサンゼルス空港からアナハイムディズニー

image

ロサンゼルス空港到着後は入国審査を受けた後にスーパーシャトルのバス停を目指します。スーパーシャトルの良い所は予約する時に時間で予約するのではなくて航空会社と便名と到着時間で予約する為、飛行機が遅れても相手側も解ってくれているし、入国に時間がかかる事も把握してくれているのでバスの時間を気にしながら焦ったりするといった事がないのが非常に良かった点です。

スーパーシャトルの乗り場へは空港の出口に「Shared Ride Vans」と書かれた案内がありますので、その案内の示す方向に向かって歩きます。日本の様に一定間隔で案内の看板があったりする訳ではないのでちょっと不安になりますが信じて歩き続けると乗り場を発見。バス停の様な看板にスーパーシャトルと書かれています。もっと大きな看板や目印があるのかと思っていましたがバス停の様な看板のみで想像と違っていました。

スーパーシャトルのスタッフに予約した紙を見せるとちょうど目の前に止まっている車がアナハイム方面に行くから乗せようとしましたが、ちょうど出発しようとしていたので運転手はスタッフの声に気がつかずに出発してしまいました。スタッフと一緒に苦笑いをしながらとりあえず列に並びます。列は行き先関係なくとりあえず1列に並んでるといった感じでした。のんびり待つかと思っているとスタッフがやってきて指を刺しながら「あそこに青い車が止まっているから追いかけて」と言われてビックリ。どうやら先ほど走り去った車に連絡を取って少し先の所で止まってもらった様です。荷物もあるし辺に歩くくらいなら次のでも良かったのですが車を追いかけて移動。

車にたどり着くと運転手が降りてきて荷物を後ろの荷物スペースにおいてくれました。荷物スペースはそんなに広くなくて各乗客の荷物が積まれてるって感じでした。アメリカの映画とかで見るのと同様に積み込み方は丁寧ではないので壊れ物は車内に持ち込みましょう。車内は3人がけのシートが3列と運転席のあるシート1列の計4列になっています。一番後ろは通路がなくて広くなっていますが横に扉がなくて出入り口が狭いので若干乗り降りが面倒。3人がけなので2人連れの人が多いと後から来た人は並びではなく前後で座る事になります。移動中の車内は静かで結構快適でした。

私達の宿泊するホテルに最初に止まってくれたので移動時間も直行と変わらずでしたので、凄く早く着くことが出来ました。ただ、これは他の乗客との乗り合わせもあるので凄く時間がかかるケースもあるかも知れません。

ホテルに到着すると荷物を降ろしてもらってスーパーシャトルとはお別れです。事前にインターネットから支払いを行っていて、そこにはチップも含まれているので凄く気楽でした。

アナハイムディズニーからロサンゼルス空港

アナハイムディズニーからロサンゼルス空港への予約はインターネットで搭乗予定の飛行機会社、便名、出発日時を入力すると予約する時間帯の候補が出てきますのでそれを選択して予約します。私が迎えに来てほしいとお願いしたグランドカルフォルニアンで表示された候補の中で一番遅いので出発3時間25分前でした。スーパーシャトルの時刻はバスの様に20時00分っていうのではなく、20時00分~20時15分と15分の幅で予約する形になります。遅れられたら怖いと考えて一番遅い時間からもう15分早い時間帯を選択しました。

乗り合いバスを利用した人のブログを読んでいて怖いなと思ったのが予約していたのにスーパーシャトルが迎えに来なかった。とか、間違えて違う人を乗せて出発してしまった為に自分が乗れなかったと言う体験記。迎えに来なかったらどうしようって心配になります。

そんな不安を払拭させてくれたのがiphoneのスーパーシャトルのアプリです。地図上に自分が予約した車が現在どこを走っているのか表示してくれるのです。乗り場はホテルの人に聞くと、「あのベンチに座って待つと良いですよ」と教えてくれました。大きな荷物を持って移動しなくて良いって言うのが非常に助かります。スーパーシャトルに乗った人の体験記で遅れたって人も多かったですが、予約より早く来てせかされたと言うのも多かったので15分前には乗り場に到着してアプリで車の動きをチェック。

image

image

アプリで車の動きを見ているとアナハイムディズニー周辺の人と一緒に乗るのかと思っていましたが、結構離れた場所の人を乗せてからこちらに向かっているのでビックリ。そして予約した時間から10分程度遅れて迎えに来てくれました。アプリがなかったら予約した時間に車が一向に来なくて、こちらに向かっているのもわからずに凄く不安になった事でしょう。アプリに表示される地図は本当にリアルタイムでアプリ上の車が到着すると同時に本当の車も到着しました。運転手さんが「遅れてごめんなさい」とまず謝罪してきたので時間通りに運行しようと心がけている様です。

運転手さんに予約した紙を見せて車に乗車。運転手さんが使っているタブレットに予約した人の情報などが表示されているので事前にインターネット予約をしてちゃんと情報を入力しておけば間違えられることはなさそうです。凄くITを活用して管理しているのが意外で驚きました。

私が乗車した後にランドホテルでも人を乗せ、空港に向かいました。車内はエアコンが効いていてちょっと寒かったので羽織る物を持って乗ると良いかも知れません。帰りの運転手さんは運転がかなり荒かったので若干怖かったですが、ロサンゼルス空港は車で大混雑していて人を降ろす為には多少強引に止めに行かないといつまでたっても人を降ろせないって感じの所でしたので仕方がないのかも知れません。帰りの便を予約段階で伝えているので何も言わなくても国際線ターミナルで降ろしてくれました。

スーパーシャトルの料金

気になるロサンゼルス空港からアナハイムディズニーまでの料金ですが、片道料金が大人2人で34ドル、チップが6.12ドルの合計40.12ドルでした。なので大人1人往復で40.12ドルと言うことになります。Disneyland Resort Expressが大人1人片道30ドル往復48ドルなのでスーパーシャトルの方が安くいけるって事になります。

時間に融通が利いて自分が宿泊しているホテルに向かえにきてくれて公式バスより安いのですから次回もリピートしようと考えています。

スポンサーリンク

関連記事

  1. アナハイムの格安ホテルDiscovery INN & …
  2. アナハイムからオーランド移動記録(DLR→WDW)
  3. アメリカ乗り合いタクシー スーパーシャトルの予約方法から乗車まで…
  4. アメリカ入国審査で最短記録@ロサンゼルス空港
  5. ロサンゼルス空港からアナハイムまで再びスーパーシャトルを利用した…
  6. アメリカ入国審査で謎な機械に焦った体験@ロサンゼルス空港
  7. アナハイムディズニーからホテルまでART(ANAHEIM RES…

PAGE TOP